サーバーの利用条件を確認

サーバーによってはSSIを利用できないことも。



SSIでホームページらくらく更新術



SSIの具体的な説明に入る前に、基礎的な部分に触れておきたいと思います。

SSIは、サーバー側の機能により様々な指定を実行する機能です。「サーバー側」とは、あなたが今使っているパソコンの性能や機能ではなく、ホームページをアップロードしてあるサーバーの機能を指します。

サーバーにSSIの機能がなければ、しっかり指定文を記述しても反映されませんし、機能はあってもセキュリティーや負荷の問題から、SSIの仕様を制限しているサーバーもありますので、SSIを利用しようとする際は、まずファイルをアップしようとするサーバーに、SSIの機能があるか、または利用が制限されていないかを確認しておく必要があります。

例えば、無料ホームページスペースとして有名な「FC2」では、サーバーへの負荷を理由にSSIの使用を禁止していますし、「SSIでホームページらくらく更新術」をアップしてある有料レンタルサーバー「ロリポップ!」では、SSIを利用することができますが、次のような条件が指定されています。

  • 実行ファイルまでのパスを絶対パス(フルパス)で指定すると動作出来ません。
  • 上位ディレクトリを参照すると動作出来ません。
  • 実行ファイルは、SSIを記述するファイルと同じ階層か、下位のディレクトリに設置して頂きますようお願い申し上げます。
    ロリポップ オンラインマニュアルより抜粋。)

このように、SSIは利用できないサーバーがありますし、利用できても使用方法に注意が必要なところもありますので、SSIを利用したサイト作成の際は、サーバーの利用条件を十分に確認しておきましょう。



利用料の安さとトラブルなしの安定運営が魅力のレンタルサーバー。当サイトもロリポップを利用。Movable Typeの設置はもちろん、SSI、CGI、PHP、.htaccessなどが利用できます。
lolipop.jp

総カウント数:008239 | 今日:35  | 昨日:55

Copyright 2005-2006 SSIでホームページらくらく更新術 All Rights Reserved. Since 2005.8.29. [PR]レンタルサーバー比較