外部ファイルを作成する

外部ファイルには反映させた部分のソースのみを記載。



SSIでホームページらくらく更新術



先に作っておいた外部ファイルに、includeを利用して反映させたいHTMLソースを記載します。

ここでは、通常HTMLを作る場合に記載しなければならない「<head>」「<body>」といったタグは記載せず、反映させたいHTMLソースのみを記載します。

例えば、下のようなHTMLソースがあり、「共通部分」を外部ファイル化する場合、赤字で書かれた他のファイルにも記述したい部分だけを外部ファイルにコピーすることになります。
メインファイルのソース

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>

本文
<div class="common">
ここが共通部分。
</div>

</body>
</html>
外部ファイルのソース

<div class="common">
ここが共通部分。
</div>


この作業では、メインファイル(include機能を利用するファイル)から「切り取り&貼り付け」で外部ファイルにソースを記載、メインファイルのソースを切り取った部分に命令文を記載してあげると便利です。



総カウント数:008217 | 今日:13  | 昨日:55

Copyright 2005-2006 SSIでホームページらくらく更新術 All Rights Reserved. Since 2005.8.29. [PR]レンタルサーバー比較