include機能の指定文を記載する

SSI・includeの指定文の記述方法。



SSIでホームページらくらく更新術



include機能を実行するファイル(メインファイル)の適用させたい部分に、以下のコードを記述します。

<!--#include virtual="外部ファイル名.html" -->

たったこれだけの記述でSSIのinclude機能を利用することができます。

この命令文は、参照先の外部ファイルを指定するためのもので、上の例の「file.html」は先に準備しておいた外部ファイルの名前と、そのファイルへのパスになるよう、修正しておきます。

なお、include機能の命令には2種類の方法があり、上記のコードでうまく表示されない場合は、以下の記述に差し替えて試してみてください。

<!--#include file="外部ファイル名.html" -->

なお、当サイトをアップしてあるサーバー「ロリポップ!」では、最初(上)に記載したコードでのみinclude機能を利用することができます。

また、上のサンプルでは「外部ファイル名.html」となっていますが、フォルダ(階層)に外部ファイルをまとめている場合、そのファイルへのパスを記述してください。(例:file/gaibu.html)



総カウント数:008218 | 今日:14  | 昨日:55

Copyright 2005-2006 SSIでホームページらくらく更新術 All Rights Reserved. Since 2005.8.29. [PR]レンタルサーバー比較