サーバーにアップし確認する

SSIの動作確認はサーバーにアップしてから。



SSIでホームページらくらく更新術



includeを利用した更新作業の効率化では、以下の作業を行うことになります。

  • メインファイルの拡張子を「shtml」(注1)に変更

  • 外部HTMLファイルを準備

  • メインファイルから外部ファイルへHTMLソースを転記

  • メインファイルにincludeの命令文(注2)を記載

これらが完了したら、サーバーにアップし動作確認を行います。メインファイルの拡張子(注1)は、サーバー会社に確認し、そこで指定されたものに変更してください。また、include命令文(注2)の記述の仕方には2通りありますので、正常に機能する方の記述方法を利用してください。

SSIはサーバーの機能により命令が実行されるものですので、フォルダにあるファイルをダブルクリックした状態(ローカルの状態)では動作確認をすることができません。確認はサーバーにアップしてから行うようにしてください。

どうしてもサーバーにアップしたくない場合は、「AN HTTPD」などのウェブサーバー構築ツールを使い、自分のパソコンにローカルサーバーを立ち上げれば、確認することができます。



総カウント数:008230 | 今日:26  | 昨日:55

Copyright 2005-2006 SSIでホームページらくらく更新術 All Rights Reserved. Since 2005.8.29. [PR]レンタルサーバー比較